AGA治療に効果的な有効成分について

AGA治療薬には有効的な成分が含まれているのをご存知ですか?

なぜ、AGA治療薬と言われているのか。それにはこれから説明する成分ありきだからと言っても過言ではありません!

AGA治療に必要な有効成分は主に3つです!「フィナステリド」「ミノキシジル」「デュタステリド」です。

これらの成分は大手製薬会社の開発によって発毛効果・脱毛抑止効果が確認されているのです。なので、これらの成分を含んでいるAGA治療薬は効果的とされ、すでに世界60ヶ国以上で使用されているのです。

ここでは、その3つの成分の中でも多く使用されている「フィナステリド」「ミノキシジル」についてご紹介します。

フィナステリド

フィナステリド

フィナステリド(finasteride)は、米メルク社が開発したとされている抗アンドロゲン薬の1つです。

男性ホルモンの一種にあるテストステロンがリダクターゼという酵素を含むとDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンに変換され、このDHTが脱毛効果を促進させてしまうと言われています。

ですが、フィナステリドはDHTを抑える効果があるので、脱毛を抑止する作用が期待できるという事です。

日本では、「プロスカー」「プロペシア」の商品名で販売されており、この成分を含んでいるジェネリック医薬品は海外でも多くの種類が販売されています。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジル(Minoxidil)は、元々は血管拡張剤として開発されたお薬です。

後の開発で発毛効果がみられた為、発毛剤として転用されてAGA治療薬に欠かせない有効成分として徐々に広まっていきました。

日本以外の海外では主に「ロゲイン」として販売されており、日本では「リアップ」シリーズが大手製薬会社の大正製薬から発売されています。

このミノキシジル成分を含んでいる錠剤をミノキシジルタブレットと呼ぶことも多いです。